女性

ニキビができる原因と改善の方法|キレイなお肌を目指せ

原因と病院での対策法

微笑む女性

内的要因と外的要因

ニキビができる原因は大きく分けると「内的要因」と「外的要因」があります。内的要因では、ホルモンバランスの乱れやストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。ニキビは毛穴に余分な皮脂がつまることでできますが、皮脂の分泌を促す働きを持っているのが男性ホルモンです。思春期になるとだれもが一時的に男性ホルモンの量が多くなるので、ニキビが出来やすくなります。また、ストレスがたまるとよくニキビが出来やすくなりますが、これはストレスによって男性ホルモンの分泌が過剰になるためです。女性の場合は、男性ホルモンと似た性質を持つ黄体ホルモンが分泌される黄体期に、ニキビができやすくなる傾向があります。また、脂質が多い脂っこい食べ物を食べすぎると皮脂分泌が過剰になり、毛穴に皮脂が詰まる原因になります。野菜に含まれるビタミンの中には、皮脂分泌をコントロールする働きがあるものもあります。そのため、ビタミンが不足しがちな食事を続けると、たとえ脂っこい食べ物を食べてなくてもニキビができることがあります。外的要因で主に挙げられるのが、間違ったスキンケア、スキンケアのしすぎです。オイリー肌を気にして一日何回も洗顔をすると、肌から皮脂バリアが奪われます。すると皮脂バリアが奪われた肌はバランスをとるためにさらに皮脂を分泌するようになり、悪循環に陥ります。同じように油取り紙を使いすぎると、表皮の皮脂バリアが取れすぎてしまい、ますます皮脂が分泌されて肌がべたつく原因になります。

皮膚科で治す

ニキビができたら、一般皮膚科や美容皮膚科などに行って相談をすれば治療を受けて治すことができます。一般皮膚科の治療法には、内服薬と外用薬があります。内服薬はビタミン剤や抗菌剤などが処方されます。外用薬ではハイドロキノン・トレチノイン軟膏が有名です。一般皮膚科でのニキビ治療は健康保険が適用されます。美容皮膚科では一般皮膚科のように保険適用による治療はできませんが、その分一般皮膚科よりも高度なニキビ治療が受けられます。フォトフェイシャルやプラズマクリア、ケミカルピーリングやビタミンCイオン導入などがあります。プラズマクリアはプラズマジックジェルを肌に塗布し、その上からレーザーを照射して行うレーザー治療の一種です。プラズマジックジェルにはアクネ菌を殺菌する作用があり、できてしまったニキビや頑固なニキビ跡を消すのに効果的です。また、ただ単にニキビを治すだけではなく、コラーゲンを増やしてしわやたるみを予防したり、毛穴を引き締めたり、くすみを解消して肌に透明感を出したりできます。ケミカルピーリングはビタミンCイオン導入と併用して行うのが一般的です。ピーリングで古い角質を除去し、その上から高濃度ビタミンC誘導体を肌に塗れば導入効果がアップします。ビタミンC誘導体には、過剰な皮脂分泌を抑制する効果や、肌の酸化を予防する効果、コラーゲンの生成を促進する効果があります。ニキビ治療をしながら、アンチエイジングもできる一石二鳥の施術です。