女性

ニキビができる原因と改善の方法|キレイなお肌を目指せ

健やかな肌に

顔に触れる女性

専門家に任せるのが一番

ニキビを治す民間療法は沢山あります。それで運よく治ればいいですが、そうならないことがほとんど。ひどくなって醜いニキビ跡が残ることもあります。そうならないようにニキビを防ぐのがベストですが、それでもできてしまうこともあります。そんな時は焦って自分で治そうとせずに、初めから専門家に治療を任せるべきなのです。そもそもニキビは尋常性ざ瘡と呼ばれるれっきとした皮膚病です。病気なのですから、自分で治せるわけがありません。専門医に治療を任せるのが当然なのです。それでは健康保険の使える皮膚科がいいのかというと一概にそうとも言えません。というのは健康保険の範囲内ですと選べる治療法が限られてしまうからです。もちろん値段を安くあげたいというならそれでもいいかもしれませんが、きれいに早く治したいというなら保険の使える皮膚科よりも、自己負担の美容皮膚科などで最新の治療法を受ける方がいいのです。美容皮膚科でのニキビ治療が人気の理由は早くきれいに治ることです。もちろん個人差があって思ったように治らないケースもありますが、少なくとも保険内の皮膚科よりは治療の選択肢が増えるので、自分に合った治療法が受けやすくなるのです。それに美容皮膚科であればこれまでは治らないと言われたクレーター状のニキビ跡もきれいに治る可能性のある治療法も選択できるのです。もちろん絶対治るとは言いきれませんが、これまでは無理と言われたニキビ跡もきれいにできる可能性があることから、最後の砦として美容皮膚科を選ぶ人が多いのです。

日常生活も見直すべし

美容皮膚科でニキビ治療を受ける前に、日常生活やスキンケアを見直してみませんか。ニキビは皮膚病の一種と申しましたが、原因があります。簡単に言うと皮脂や古くなった角質が詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖したことです。つまり、毛穴が詰まっていないきれいな状態であればアクネ菌が繁殖することはないのです。きれいな毛穴を保つために、自分でできる限りのことはすべきです。まずは正しいスキンケアです。毛穴詰まりをどうにかするには剥がして取るタイプのパックを思い浮かべるかもしれません。角栓が目に見えてとれるので一見効果がありそうですが、実はこれは良くないのです。というのは肌への負担が大きすぎること、それと角栓はとれても毛穴が開いたままなのですぐに角栓がつまるからです。気休めにしかならないのでやめましょう。目指すのが正常なターンオーバーです。これが正常に行われれば古くなった角質が肌に残ることはありません。つまり角質が毛穴に詰まることはなくなるからです。そのためにはまずは保湿重視のスキンケアを行いましょう。肌にとって潤いは一番大事です。洗顔後にはしっかりと保湿をすることで肌力を高めることができます。また生活習慣も見直しましょう。食事と睡眠は特に重要です。食事は栄養バランスよく食べること、そして睡眠は長さではなく質を高めるように心がけましょう。熟睡することでターンオーバーもスムーズに行われやすくなるのです。生活習慣の見直しは健康にも役立つので、今日からでも始めるといいでしょう。