女性

ニキビができる原因と改善の方法|キレイなお肌を目指せ

美肌を守るために

美容整形

侮れない身近な皮膚疾患

ニキビは青春の象徴などとも呼ばれるように、皮膚疾患であるという印象は薄いものです。そのため、治療をすると言っても市販の薬やサプリメントを使うだけで十分と考える方もいるでしょう。ニキビで悩んでいる本人は真剣なのに家族の理解が得られないということもあるでしょう。それだけ身近な皮膚疾患でもあります。しかし注意したいのは、身近であっても疾患であることに変わりはないということです。毛穴で雑菌が繁殖して炎症を起こしたり膿んだりしている状態は決して見過ごして良いものではありません。時間が経てば自然治癒力で治っていきますが、肌質によっては新たなニキビが次々とできたり、常に顔中がニキビでいっぱいになったりという状態になることもあります。皮膚疾患なので治療は保険が適用されます。治療では塗り薬や栄養剤などの処方だけではなく、肌に直接働きかける治療も行われます。ニキビの状態によって適切な治療方法が決まってきますので、まずはお近くの病院で相談してみると良いでしょう。一般的な皮膚科だけでなく近年注目されている美容皮膚科でもニキビ治療を行っています。病院で治療するメリットはたくさんあります。症状が酷くなる前に適切な処置をすることで悪化を防ぐこともできますし、新たにできるニキビを予防したい方にもおすすめです。症状が悪化すると自然に治っても跡が残ることは珍しくありません。ニキビ跡を治療で除去する方法もありますが、今現在ニキビができているのであれば早めに治療して健やかな肌を取り戻しておきましょう。

悩まず病院へ

ニキビができた時は洗浄力の強い洗顔料を使ったり、ニキビ肌用のスキンケア化粧品を使ったりするという方法もありますが、まずは病院に行くという考え方にシフトした方が良いでしょう。ニキビは立派な皮膚疾患であるということをしっかり認識することが、正しい治療への第一歩とも言えるのです。自宅でのセルフケアも大切ですが、それだけで改善しない場合は病院で専門的な治療を受けることが望ましいのです。また自己判断でのセルフケアが間違っていても自分では気づきにくいものです。ニキビの原因も人それぞれ違うということも知っておく必要があります。若者に多いケースは皮脂分泌が過剰になっているというものですが、栄養バランスの偏りや体調の変化など他にも考えられる原因はあるのです。原因が違えば対象方法も変わってくるものですが自分では原因がなかなか見極めにくいものです。いろいろと自分で試してみる前に、病院を受診すれば肌の状態と適切な治療方法を知ることができます。また、気になる余り爪で潰したりメイクを厚く塗って隠したりしてしまいがちですが、このような行動は症状の悪化にも繋がりますし跡が残ってしまう可能性もあります。ニキビ跡には色素沈着だけでなくクレーターのような凹みが生じることもあります。治療方法はありますがニキビの治療よりも時間と費用がかかるので、最初から跡が残らないように正しい治療とケアをしておきたいものです。若いから仕方ないと諦めるのではなく、治すべき疾患と認識して病院を受診しましょう。