目を閉じる女性

ニキビができる原因と改善の方法|キレイなお肌を目指せ

原因と病院での対策法

微笑む女性

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることが原因で発生します。皮脂が過剰に分泌される原因は男性ホルモンにあります。また、スキンケアをしすぎることも皮脂の過剰分泌につながります。ニキビができてしまったら、皮膚科で治療を受けることをお勧めします。

詳細を読む

10代に多い皮膚病

顔

皮膚の病気の特徴と種類

ニキビは医学用語では「尋常性ざ瘡」と呼び、厳密には皮膚の病気とされています。10代から20代にできやすく、皮脂の分泌が多い顔、続いて胸や背中に現れることが多いのが特徴です。特に顔の「Tゾーン」と呼ばれる、眉毛の間と鼻筋周辺は、最もニキビが出来やすい場所とされています。手のひらや足にできることは殆どありません。これはニキビの原因とされている「皮脂」を分泌する脂腺が、手足には殆ど存在しない為です。ニキビは皮膚の病気とされていますが、放置していても命にかかわることはありません。しかし発症の多い10代は特に見た目を気にする年代の為に、自分でつぶしたり、ケアが不十分になってしまったりで痕が残ってしまうことが多いのです。発症した際には、早期の内に皮膚科を受診し、適切な治療を受けることがベストとされています。ニキビくらいでとは思うでしょうが、専門医へ相談しておくことはとても重要です。今後の適切な予防法のアドバイスや、自身の肌に最も適した一般の治療薬を紹介してもらえるので、必ず一度は皮膚科で検査を行いましょう。ニキビの症状はいくつかの種類に分類されます。まず「微小面ぼう」と呼ばれる毛穴が狭くなる症状で見た目には殆ど変化は見られません。そして見た目ではっきり分かるのが、毛穴が完全に詰まることで現れる、黒または白く変色するニキビです。そして炎症が起こると、赤く変色して盛り上がったり、化膿して炎症が拡大してしったりすることもあります。化膿してしまうと、自然に治っても化膿の痕が非常に目立ちますので、早期に皮膚科での適切な治療が重要です。

皮膚の病気の原因と予防法

ニキビが出来る原因は「アクネ菌」と呼ばれる、常に皮膚や体毛に存在する菌です。アクネ菌は菌と言っても体に悪影響を及ぼす病原菌とは全く異なった性質を持っています。アクネ菌は、本来皮膚を酸性の状態にさせウィルスや病原菌の増殖を抑制させる性質を持っているのです。しかし皮脂の分泌が多い場所では繁殖しやすいといった性質も持っており、毛穴でこのアクネ菌が増えるとニキビができてしまうのです。特に女性は化粧を厚くし過ぎてしまうと、毛穴を塞いでしまい、アクネ菌の繁殖を促進させてしまいます。化粧は帰宅後になるべく早く洗い流すことがニキビの予防に繋がります。また夜更かし、偏った食生活、過度のストレスもニキビが出来やすくなる主な原因です。休日はストレス発散を意識して軽めの運動を行うようにしましょう。そして食生活は脂分をなるべく控え、早寝早起きの規則正しい生活を送ることを意識しましょう。また顔に汗をかいたら、すぐに拭き取り可能でしたら水洗いをするだけでも、ニキビの予防に効果的とされています。そしてニキビができてしまっても無理矢理つぶしたり、むやみに触ったりしてはいけません。重症化してしまう原因となり、なにより皮膚に痕が残りやすくなってしまいます。最後に皮膚科でのニキビの治療は、まずはニキビの種類と進行度合いを詳しく検査します。その判断結果に合わせ、最も適した軟膏薬や内服薬選択し、理学療法を用いることもあります。重症化する前の早期の治療が、痕を残さない為に最も重要とされています。

健やかな肌に

顔に触れる女性

ニキビ治療は美容皮膚科がベストです。保険内の皮膚科でも治療は受けられますが、方法が限られています。自分に合った方法を選びたいなら選択肢の多い美容皮膚科なのです。治療をスムーズに進めるには生活習慣を見直すといいでしょう。

詳細を読む

美肌を守るために

美容整形

青春の象徴とも呼ばれ見過ごされがちなニキビは治療すべき皮膚疾患の一つです。保険も適用されるので自己判断で市販の薬を使う前に病院を受診しましょう。正しい治療は色素沈着やクレーターなどのニキビ跡を残さないためにも大切です。

詳細を読む